猛牛のささやきBACK NUMBER

好調のオリ伏見寅威は何を変えた?
「ナカジさんの影響がでかいです」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/20 07:30

好調のオリ伏見寅威は何を変えた?「ナカジさんの影響がでかいです」<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ6年目の今季は打撃だけではなく、ムードメーカーとしても欠かせない存在となっている。

張り切ってやってみよう! と。

 また、今年の伏見は打撃だけでなく、ムードメーカーとしても欠かせない存在になっている。鈴木郁洋バッテリーコーチは言う。

「自分のやるべきことをすごくわかっていて、ベンチでは声を出して盛り上げ、代打で出た時はボールに食らいついて、なんとかしようという姿勢がすごく伝わってくる。負けがこんでいた時も、あいつだけは人一倍声を出してやっていた。

 あいつがいなかったらチームがガタガタになっていたんじゃないかというぐらい、今の伏見の存在はこのチームにとって大きい。昨年までは気持ちのムラがあったけど、今年はそこを強くしよう、何か変えようと思ったんでしょうね」

 プロ6年目のシーズンに臨むにあたり、伏見は自問自答を重ねた末、考え方を変えた。

「1年目から5年目まで、ずっと一緒でしたから。このままでは絶対に悔いが残るから、悔いが残らないようにするためにはどうすべきかを考えました。その結果、技術的な部分を大きく変えるのは難しいかもしれないけど、気持ち的な部分で、張り切ってやってみようと決めました。

 夢だったプロ野球選手になれて、その夢の中にいるのに、くよくよしたり悩んだり、そういうのはもったいないなと思ったんです。過去にこだわったり、出番がないからってベンチで腐っていても何も変わらない。前向きにやれることをやってダメだったらしかたがない。そう考えるようになりました」

「キャッチャーで出たいな」と考えてしまうと後ろ向きな思考につながるからと、捕手へのこだわりも今は封印し、その日求められた役割を必死にやりぬく。

 前向きに、ガムシャラに、新境地を開こうとしている伏見が、チーム浮上の原動力になる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
伏見寅威
中島宏之

プロ野球の前後のコラム

ページトップ