野ボール横丁BACK NUMBER

広陵の叶わなかった10年越しの夢。
「止まった、ですね。時間が」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/09/03 07:00

広陵の叶わなかった10年越しの夢。「止まった、ですね。時間が」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「10年前の借りを返したい」と明言した中村奨成は、敗戦後に涙を見せた。監督の思いは、生徒たちに伝わっていたのだ。

監督は否定しても、選手は10年前を意識していた。

 監督の中井哲之は、ホームランを打たれた瞬間のことをこう語っていたことがある。

「止まった、ですね。時間が。コカ・コーラが見えた(打球が飛び込んだ左中間スタンドにコカ・コーラの看板があった)。あれ、うそだろ、まじか、みたいな。バットを振ったところに、吸い込まれるようにボールがいったように見えた。初めてじゃないですか。時間がとまる、って感覚は。入らんでくれ、っていう気持ちが大きかったんで。勝ち試合だったんで」

 その中井は決勝進出を決めても、10年前のことは意識にないと否定し続けた。しかし、中村は決勝に向け、こう決然と語った。

「10年前の借りを返したいんで。そのためにやってきたんで」

 中井の気持ちを誰よりも知っていたのは、選手たちだった。

 約4000校も参加するビッグトーナメントで決勝まで勝ち残ることなど、ほとんど奇跡と言っていい。中井は10年前、もう二度とこんなチャンスは巡ってこないと思ったのではないか。それが、あれから10年という、これもまた奇跡的な巡り合わせで同じ舞台に立てたのだ。

 広陵が勝ったら絵になる。中井はそのとき、何を語るのだろう――。そう密かに楽しみにしていた。

 しかし結果は、4-14の大敗。そんな感傷を許さぬほど、花咲徳栄は強かった。

関連記事

BACK 1 2
広陵高校
中村奨成
中井哲之

高校野球の前後の記事

ページトップ