野ボール横丁BACK NUMBER

花咲徳栄・岩瀬が見た天国と地獄。
「これからの人生でも役立つこと」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/08/22 18:30

花咲徳栄・岩瀬が見た天国と地獄。「これからの人生でも役立つこと」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

殊勲のタイムリーを放った岩瀬。この時は天にも上ったような気分だっただろうが、9回、“甲子園の魔物”に襲われかけた。

「高井が打ってくれたときは涙が出そうに……」

 その隙を突かれた。岩瀬はバウンドを合わせ損ね、左足首でボールを蹴ってしまう。ボールがライトを転々とする間に一塁走者まで生還。6-6と同点にされてしまう。

「頭が真っ白になりました……。いいことがあった後は、辛いことがある。これからの人生でも役立つことを教えてもらった気がする」

 勝負は延長に。10回裏、2アウト二塁から、あわや内野安打かという際どい当たりを渾身の送球で間一髪、アウトにした。

「同点にされた直後は足が地面についていない気がしたけど、切り替えた。10回は自分のところへ飛んで来いと思ってました。意地のスローでしたね」

 花咲徳栄は11回表、高井悠太郎の2点タイムリーなどで計3点を挙げ、試合を決めた。

 岩瀬は感動の面持ちで言う。

「高井が打ってくれたときは涙が出そうになりました。堪えましたけど」

 天国から地獄。そして最後の最後で、救われた。

――ホッとした?

「いえ、まだ明日があるんで」

 この試合で得た教訓を、さっそく思い出していた。

甲子園ライバル伝説。

Sports Graphic Number 933

甲子園ライバル伝説。

 

関連記事

BACK 1 2
花咲徳栄高校
岩瀬誠良

高校野球の前後の記事

ページトップ