詳説日本野球研究BACK NUMBER

今年のドラフトは'05年とそっくり。
高校は強打者、では大学社会人は? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/06/23 11:30

今年のドラフトは'05年とそっくり。高校は強打者、では大学社会人は?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

清宮をはじめ今夏の甲子園は高校生スラッガーの注目度が高い。それと同時に大学・社会人の逸材を見極められるかはスカウトの腕の見せ所だ。

今年で言うと高校生野手に清宮、安田がいる。

 この傾向を今年のドラフトに当てはめれば、高校生野手は清宮幸太郎(早稲田実・一塁手)、安田尚憲(履正社・三塁手)、大学生&社会人はリリーフタイプの熊谷拓也(法政大)、鍬原拓也(中央大)、宮川哲(上武大)、濱口雄大(岐阜経済大)、西村天裕(NTT東日本)、鈴木博志(ヤマハ)、捕手は小畑尋規(立正大)、松本直樹(西濃運輸)という名前が浮かび上がってくる。

 過去のドラフトで振り返れば2005年が近いと思う。前述の通り、高校卒でのちに成功する1位指名選手は陽岱鋼、T‐岡田、平田良介、炭谷銀仁朗など野手陣に多く、大学卒・社会人出身は平野佳寿、吉見一起、岩田稔など投手が多かった。

 2、3位(巡)以下は高校生が野手、大学生&社会人が投手というのが基本形。逸材が少ないと嘆いてみても仕方がない。候補選手の指名順を変えればチームに必要な選手は手に入る。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清宮幸太郎
田中将大
前田健太
坂本勇人
中田翔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ