ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

井上尚弥は1分半で距離感を見切る。
米上陸で“世界のスター”にリーチ。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2017/05/23 12:20

井上尚弥は1分半で距離感を見切る。米上陸で“世界のスター”にリーチ。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

井上尚弥のパンチは、まるで1人だけ時間の進み方が違うようなスピードで対戦相手を捉えつづけた。この怪物、底がしれない。

ロマゴンかクアドラスか、はたまたバンタム級か。

 9月の試合を終えたあとのプランも既にいくつか上がっている。スーパー・フライ級に留まるのであれば、ゴンサレスやクアドラス、あるいは元フライ級2冠王者でクラスを上げたフアン・エストラーダ(メキシコ)との対戦が期待される。本人も「だれかしらとはやりたい」とビッグネームとの対戦は望むところだ。

 もしスーパー・フライ級でこうした実力者と対戦できないのであれば、思い切って年末にはクラスを上げ、バンタム級に乗り込み、3階級制覇を目指すというコースも選択肢の一つだ。

 これまで国内史上最速の世界タイトル奪取、世界最速の2階級制覇など、記録づくめのボクシング人生を歩んできた井上。万全の身体を作り上げた今、その勢いはさらに加速しそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

井上尚弥

ボクシングの前後のコラム

ページトップ