サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

久保建英がJ1でも「できること」。
なぜ彼は自分を見失わないのか。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/05/09 11:30

久保建英がJ1でも「できること」。なぜ彼は自分を見失わないのか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

10代のアスリートが強烈に注目されがちな日本にあって、久保もまたその一人だが、周囲の過熱をよそに本人は着実に力を育んでいる。

U-23チームではコンビネーションが高まらないが。

 U-20日本代表やJ3リーグでのプレーに比べると、ボールと身体が離れてしまっていたり、身体が伸びていたりしていた印象はある。本人に力みがあったのは否定できなかっただろう。

 それでも、「何ができるのか」を見失うことはないのだ。

 FC東京U-23がJ3リーグを戦う主目的は、10代から20代前半の若い選手に経験を積ませることにある。それと同時に、トップチームでプレー時間の短い選手がゲーム勘を維持したり、ケガ明けの選手がゲーム勘を取り戻したりする目的を含む。

 FC東京はJ1第10節までに20人が出場しているが、FC東京U-23は第7節終了時で24人が起用されている。トップチームを構成する米本拓司、梶山陽平、前田遼一らも、今季のJ3に出場しているのだ。

 その代償として、FC東京U-23はコンビネーションの練度を上げることができていない。試合を通して連携が深まるのは、少し先の話になる。久保のプレーについて言えば、適切なポジションを取っているのにボールを受けられないことがある。マークを外してもパスが出てこないシーンが、実は少なくない。

1トップのウタカ、ボランチの高萩らが手厚くサポート。

 では、トップチームデビューとなったルヴァンカップはどうだったか。

 4-2-3-1の「1」を任されるピーター・ウタカが、札幌の守備陣に圧力をかけていた。昨季のJ1得点王が相手守備ラインを下げさせることで、久保はトップ下のポジションでスペースを見つけることができていた。

 さらにボランチの高萩洋次郎ら周囲の選手が、チーム最年少選手のオフザボールの動きを生かそうとしていた。レベルの高い選手に囲まれ、久保自身が「できること」を表現することで、今後への期待を抱かせるデビュー戦となったのだった。

【次ページ】 久保が見せた「できること」はまだまだある。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

久保建英
バルセロナ
FC東京

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ