バレーボールPRESSBACK NUMBER

春高バレー女子2連覇の下北沢成徳。
黒後愛、次の目標は東京五輪代表! 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/01/15 08:00

春高バレー女子2連覇の下北沢成徳。黒後愛、次の目標は東京五輪代表!<Number Web> photograph by Kyodo News

下北沢成徳高校は春高バレー常連の女子高。そこで1年からエースを張っていた黒後は進路についても注目されている。

1年からエースの黒後は、嫌われ役を買って出た。

 選手たちの戦いには小川監督も「今日のような苦しい展開になっても、私が何か言わなくても、選手たちがそれぞれ、今なにをやればいいのかということを十分に理解していて、コートの中で自分たちが確認しあったり、判断することができる。精神年齢の高いチームになったと思います」と成長を感じていた。

 しかし、連覇にたどり着くまでには苦悩もあった。1年生の時からエースとして活躍した黒後は、新チーム始動と同時にある決断をする。

 前回優勝メンバーが4人残る中で、周囲からはどの大会でも優勝候補に挙げられる。勝てるという自信もあったが、油断や気持ちが緩むことを恐れた。だからこそ、憎まれ役を買って出て、あえてチームメイトに厳しい言葉を投げかけたのだった。

「成徳は小川先生が怒ったり、指示を出したりするのではなく、自分たちで考えてやらなければならないチーム。自分で自分を限界まで追い込むことはすごく難しいことだと思いますし、誰かに言われて気が付くこともたくさんあると感じたので、言いにくいようなことも自分が言うようにしてきました。そういう苦しい場面を作って、それに耐えていかないとダメだな、と」

決勝では就実に何度も止められたが……。

 他人に厳しい言葉を発した黒後だが、それ以上の厳しさを自分自身に求めた。

「人に厳しく言うのであれば、まずは自分がやらなければということをすごく意識していました。自主練も最後まで残って練習するとか、朝練も一番最初に体育館に行くとか、そういうことは絶対にやろうと自分の中で決めていました」

 決勝では就実相手になかなかスパイクを決めきることができず、「本当に自分はほとんど何もしていない。仲間に支えられて勝てました。本当にいい仲間に恵まれました」と涙ながらに語っていたが、黒後が果たしてきた役割はプレーではもちろん、それ以上のものがあったはずだ。

 何よりもこうした経験が次のステップで活躍する上で、彼女の大きな力となってくるだろう。

【次ページ】 目標は木村沙織、そして東京五輪へ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

下北沢成徳高校
黒後愛
木村沙織
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ