ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ブンデス最年少主将は、酒井高徳。
名門HSVが全幅の信頼を置く理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/12/22 07:00

ブンデス最年少主将は、酒井高徳。名門HSVが全幅の信頼を置く理由。<Number Web> photograph by AFLO

鬼気迫る表情でチームメートを鼓舞する酒井高徳。クラブ史で一度も降格を味わったことのない名門を立て直そうと必死に戦う。

キャプテンだからこそ感じられる、心地よい疲れ。

 そもそも、酒井がHSVに移籍した理由のうちの1つが、シュツットガルト時代の恩師でもある、前監督のラバディアがいたからだ。

 しかし、前任者だけでなく、現在のギスドル監督からも評価されているのは、酒井という選手の価値を証明するものに他ならない。高い評価は、サッカーだけではなく、ドイツ語でコミュニケーションを取る努力も、きちんと続けてきたこととも無縁ではないだろう。

 ただ、左腕に巻かれたキャプテンマークは、酒井をさらに成長させてくれる一押しになるかもしれない。

「キャプテンになって、毎試合の疲労度がすごくデカいかなという感じはあるんですよね。結果が伴っているから、今は気持ち良い疲れで済んでますけどね!」

 それだけの苦労や疲労は、お金を出しても手に入らないものなのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
酒井高徳
ハンブルガーSV
香川真司

海外サッカーの前後の記事

ページトップ