プロ野球PRESSBACK NUMBER

松坂、西口を越える西武のエースに!
2年目・高橋光成への大いなる期待。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/04/21 10:40

松坂、西口を越える西武のエースに!2年目・高橋光成への大いなる期待。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

甲子園優勝、プロ1年目での史上最年少月間MVPと栄光のステップを踏んできた高橋光成。プロ2年目の悩みから脱することができるか。

「好投手と言われるピッチャーはギアを持っている」

「高校から入ったルーキーだから、もちろん体力面ではまだ課題もあって、試合の終盤になると疲れが見えることはありましたけど、一軍のマウンドでもビビっている感じが全くなかった。間違いなく言えることは、あの年齢にしてはすごい投手だということです。プロで好投手と言われるピッチャーはギアを持っているんですよ。相手や場面によってそのギアを上げ下げできる。ただ、それはたくさん試合を経験して覚えていくもの。光成にも早く覚えてほしいなと思っています」(炭谷)

 ルーキーだった昨シーズンも、序盤はファームでなかなか結果が出せなかった。新しい環境に慣れず、結果も出ずに苦しんでいた7月、前橋育英高校の恩師、荒井直樹監督から1通の手紙が届いた。そこには、高校時代から口酸っぱく言われていた言葉が記されていたという。

「監督さんからはいつも“真っ直ぐ立って、横移動して、肩を入れ替える”という基本の動きが大事だと言われてきて、実行していたんです。でもプロに入ってから、自分でもそれを忘れてしまっていたのかもしれません」

 その後、高橋はファームで実績を残し、一軍に昇格。それからの活躍は前記の通りだ。今シーズンもまだまだ本来の姿ではないとはいえ、昨年のように何かをきっかけにがらりと好転する可能性は高い。

先発投手がもう一人、必要。

 西武ライオンズは4月17日現在、菊池雄星、十亀剣、バンヘッケン、岸孝之、野上亮磨の5名が先発で登板している。第4週からは1カード3連戦の日程に戻り、先発投手がもう一人、必要になる。もちろん、4試合でいまだ勝ち星のない十亀、バンヘッケンの状態も考慮した上で先発ローテーションの見直しも行われるだろう。

「自分にプレッシャーをかけ過ぎず、でも責任を持ってやっていきたいです」(高橋)

 昨シーズンのように、西武投手陣の起爆剤となるか。チーム期待の右腕にとって、これからが本当の開幕である。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
高橋光成
横田久則
炭谷銀仁朗
荒井直樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ