野球場に散らばった余談としてBACK NUMBER

若虎の未来は本塁打王か、盗塁王か!?
横田慎太郎の底知れぬ成長曲線。 

text by

酒井俊作

酒井俊作Shunsaku Sakai

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/04/06 10:40

若虎の未来は本塁打王か、盗塁王か!?横田慎太郎の底知れぬ成長曲線。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

父はロッテで活躍した元外野手の横田真之。917試合出場で727安打108盗塁を記録している俊足巧打の選手だった。

横田の成長曲線はどんなアーチを描くのか。

 いったい「横田慎太郎」はどこに向かうのか。怪力を生かし、どこまでも飛んでいく白球を見たことがあればあるいは、コンパクトに打ついまの姿に物足りなさを感じる向きもあるかもしれない。将来の大砲候補として、大きく育てるべきと考える人もいるかもしれない。しかし、一軍の舞台に立たなければ、理想像を描くことすらできないのだ。片岡コーチは言う。

「まずは一軍の試合に出てね、そこから自分の生き方を探すということ。アイツな、遠くに飛ばすって周りは言うけど、そういうバットを使ってないよ。糸井みたいって言うけど、どうなるか分からんよね。3割1分、10本塁打、50盗塁の選手になるかもしれんよ」

 開幕前、打って金本監督から「不思議な存在」と評されたかと思うと「漫画の主人公みたい」と言われ、さらに「『横田くん』から『横田さん』になった感じ」と指摘され、快音を連ねるたびにニックネームがグレードアップしていった。一軍で奮闘しているいまもなお、何ともいえないミステリアスさがつきまとう。ただ1つ、確かなのは横田自身が、自分と格闘しながら「いま」を生ききっているということだろう。

 桜が満開の4月、DeNA戦を控えた横浜スタジアム。フリー打撃で打撃投手にバットを折られる横田の姿を見て、金本監督は身をよじらせながら大笑いしている。そういえばキャンプ中に「彼は時間がかかるかもしれない。長い目で、大きな心で接していく」と評していたが、いざ本番が始まれば一軍のスタメンを張っている。横田の成長曲線がどう描かれるのか、要するに、誰も分からない……。時の流れとともに見ていたくなる選手は、そう簡単には現れない。

関連記事

BACK 1 2 3
阪神タイガース
片岡篤史
金本知憲
横田慎太郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ