サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

なぜ岡崎へのスルーパスは少ないか。
日本最強FWの「一度引く」という技。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/03/25 18:00

なぜ岡崎へのスルーパスは少ないか。日本最強FWの「一度引く」という技。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ボールタッチでDFを2人置き去りにした岡崎慎司の1点目。彼の技術、スタイルの止まらない進化には代表戦のたびに驚かされる。

シャドーに隠れながら、瞬間的に9番に変身する。

 今季このままレスターが優勝を果たしても、岡崎がバーディーのインパクトを超えることはないだろう。ただ、日本人ストライカーは新天地1年目にして、また新たなFW像を手に入れようとしている。

「欲を言えば、もっとシュートを打ちたい。引いた上で、打てる場面にもっといっぱい顔を出したい。今日もゴール場面以外ではシュートを打てていない。決定力があったと言えばそうですけど、ストライカーとしてはチャレンジしたい。そのあたりは、もっと改善の余地がある」

 一度引いてみるプレーが効果的だとわかった岡崎だが、その向上心だけは、相変わらず前へ、上へと進み続けている。

 それにしても、相手が格下だったとはいえ、岡崎のゴールは流麗だった。反転ターンからトラップ、フェイクを入れてシュートまで、完璧な連なりだった。

 それは冷静で、“したたか”な一撃――。

 シャドーに隠れながらも、瞬間的に「9番」に変身する。そんな2トップの心得を覚えた、岡崎慎司。次のシリア戦で国際Aマッチ100試合を達成する日本のエースは、プレミアでの稀有な経験でさらにプレーに深みが出てきている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヴァイッド・ハリルホジッチ
岡崎慎司
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ