なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

決勝で大儀見優季に漂う得点の予感。
オウンゴールを生んだ「必然」とは? 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/04 10:50

決勝で大儀見優季に漂う得点の予感。オウンゴールを生んだ「必然」とは?<Number Web> photograph by AFLO

昨季の欧州王者ヴォルフスブルクでプレーする大儀見優季は、なでしこでも不動のエースだ。決勝で宿敵アメリカに勝つためには、彼女の活躍が絶対に欠かせない。

大儀見「あれは必然だった」

 そして、イングランド戦の件のシーン。オウンゴールではあったが、必然であったと断言する。

「あれは必然。前の試合から続いている必然だった。豪州戦で奈穂(川澄)からアーリークロスがきて、外したやつがあった。そこで可能性を感じていた。今日のは結果的にはオウンゴールだったけれど」

 まだ自身の得点にこそなっていないが、成長と手応えがあり、何よりチームとして結果を残していることに胸を張る。

 とはいえ、やはり最後はエースらしい得点があっても良いのではないか。今大会では強引なしかけも、ストライカーらしいシュートも影を潜めている。

「決勝は楽しんでも良いかなって思う。ここまで苦しんで来たから」

 大儀見本人は決勝についてそう語る。プレーそのものを変えるというよりは、気の持ちようについてだと言う。だが、その“楽しむ”という言葉の中に、気兼ねなく得点を狙うという意味あいがいくらか込められていないか、などと想像してしまうのだが。

関連記事

BACK 1 2 3
大儀見優季
佐々木則夫
川澄奈穂美
大野忍

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ