ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

生粋の江戸っ子が綴る大正、昭和の釣り談義。
~『江戸前の釣り』にあふれる粋~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/03/03 10:00

生粋の江戸っ子が綴る大正、昭和の釣り談義。~『江戸前の釣り』にあふれる粋~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『江戸前の釣り』三代目三遊亭金馬著 中公文庫 762円+税

 中学生の頃だから、もう60年近い昔、よく通った東宝名人会で金馬だけが講談師のように釈台(机)を前に一席やる。お袋が「鉄道事故で片足を失った。それを客に見せない心遣い」と教えてくれた。三代目・金馬、生粋の江戸っ子だ。

「ぼくは、この小さなタナゴに魅せられて、千葉県佐倉の鹿島川の鉄橋で汽車にはね飛ばされ、半年も入院したのだから、実にあっぱれなものと自分でも思っている」とは、釣りへの情熱をユーモアをまじえて洩らした師匠自負の一節。はげ頭、ドングリ眼のご面相を思い出すが、歯切れのよい高座の口調そのまま、大正、昭和の釣り三昧をたっぷりつづった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

他競技の前後のコラム

ページトップ