NumberEYESBACK NUMBER

完璧ではない審判と上手く付き合う方法。
~相手も人間、反発よりも……~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/04 10:05

完璧ではない審判と上手く付き合う方法。~相手も人間、反発よりも……~<Number Web> photograph by Getty Images

アジア杯で本田と主審の間に割って入るキャプテンの長谷部。

 2008年の北京五輪で日本代表を率いた星野仙一監督の最大の失敗は、審判団を敵に回してしまったことだった。

 初戦のキューバ戦で判定に猛抗議。もちろん選手を守るための抗議であったが、ここにはそんな姿を見せてベンチの結束を固めようというパフォーマンス的側面もあったはずだ。ただ、審判にはしつこい抗議は侮辱としか映らなかった。これをきっかけに審判団から日本代表は睨まれ、ことあるごとに厳しいジャッジを受けることになってしまった。

「あんな判定、選手が可哀想や!」

 3位決定戦で米国に敗退後、星野監督がこうつぶやいたのが印象に残る。ただ、その背景には自らの行為が無関係ではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 871文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ヒロインを探せ!~2015►2020~

Sports Graphic Number 872

ヒロインを探せ!
~2015►2020~

 

他競技の前後の記事

ページトップ