野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

“文系野球の聖地”の書店が選ぶ
2014年「野球本」アワード、1位は!? 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2015/01/14 10:40

“文系野球の聖地”の書店が選ぶ2014年「野球本」アワード、1位は!?<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

ファン垂涎の「野球本」が積み重なるOBCTDCの棚。店内の一角には巨人軍選手のポスターやつば九郎のサインなども飾られている。

いよいよベスト3をまとめて発表!

ベスト3は、まとめて発表。

●第3位 『若い力を伸ばす読売巨人軍の補強と育成力』(著:大森剛 ワニブックス)

 坂本勇人を発掘したことでスカウトとして名を上げた現巨人軍育成部ディレクター大森剛氏の著書。坂本、寺内などの有望株を全国から発掘し、一軍へと送り出してきた著者が組織の中での若手育成術のノウハウを綴る。2013年12月発売。

「派手な売れ方はしなかったんですけど、発売して以来本当に粘っこく売れ続けたという印象ですね。数字を見ても週では全然売れていないけど、年間で見るとびっくり。お客さんも決してメインではないんだけど、欲しい主役の本のついでにこれも買っていくような、渋い売れ方をしているんですよね」

●第2位 『矢野謙次メッセージBOOK ~自分を超える~』(著:矢野謙次 廣済堂出版)

 巨人の代打の切り札にしてムードメーカー的存在の矢野謙次の初の著書。自身が野球観やプライベート、代打論を綴っただけでなく、チームメイトの阿部、村田、内海、坂本らが矢野謙次について語ったここまで矢野謙次な本はないほど矢野謙次な一冊。7月発売。

「これは逆に短期集中でドカンと売れた感じですね。このメッセージブックのシリーズは4位のキクマルもそうですが、うちの店ではよく売れるんですよ。専ら女性のお客さんが買われていくように、ジャニーズ本と同じアイドル本的な位置づけなのかもしれませんね。

 ちなみにうちの本屋はイベントに合わせて毎日ディスプレイを変えているので、ドームでジャニーズコンサートをやってる日に『野球本目当てで来たのにアイドル書店じゃないか!』と怒る人がいるので、気をつけてくださいね」

第1位 『プロ野球生活16年間で一度もレギュラーになれなかった男がジャイアンツで胴上げしてもらえた話』(著:古城茂幸/本木昭宏 東邦出版)

 2013年に引退した巨人軍のスーパーサブにして地味顔の古城茂幸氏。その16年間のいぶし銀な野球人生を、国士舘大学野球部の同級生のライター本木昭宏氏が、原監督や高橋由伸、日本ハム時代の片岡篤史や田中幸雄などチームメイトたちからの証言を元に綴った一冊。7月発売。

「いやー、驚きました。なんとなく売れているのはわかっていたんですけど、年間の集計をとってみてびっくり。まさか1位が古城だとは思いもしませんでした。井端も本を出したのに古城。巨人の新刊本で売れるのは長嶋さんや原監督、松井さんらなのに古城。まさにこの本の帯にあるような“振り向けば古城”な結果です。びっくりしました」

【次ページ】 「付け加えておくと、毎年トップはアイドル本」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

プロ野球の前後の記事

ページトップ