ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹がウッズの復活を望む理由。
12年前に見た“あの目”をもう一度。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/29 10:50

松山英樹がウッズの復活を望む理由。12年前に見た“あの目”をもう一度。<Number Web> photograph by AFLO

2002年、ダンロップフェニックスに出場した時のタイガー・ウッズ。2014年のワールドランキングでも、16位の松山英樹に対して、ウッズは32位に留まっている。

 いっそ嫌いになれたらどんなに楽だろう。幼心に刻まれた憧れの人への記憶は、どこか恋心に似ているのかもしれない。

 尊敬を超越したところにいる、別世界の存在。松山英樹にそんな気持ちを抱かせたプロゴルファーは、6歳で初めて会った青木功をはじめ、尾崎将司、中嶋常幸はもちろんのこと、他にも何人かいる。

 しかし彼のことは、また特別だった。

 12年前の秋。2002年当時、小学生だった松山は宮崎県のフェニックスカントリークラブにいた。

 地元四国からフェリーで九州へ。そこから約3時間、車に揺られる父との長旅だったが、それにめげるはずがない。お目当ては米国から日本ツアー・ダンロップフェニックスにスポット参戦したタイガー・ウッズだった。

 当時はウッズ人気の絶頂期。その前の年の春には2度目のマスターズを制覇し、年をまたいでメジャー大会4連勝を飾っていた。ゴルフ界を一変させたヒーローの一挙手一投足に、すべての視線が注がれた時代。松山もまた、世界のあらゆるコースを埋め尽くした群衆を作ったひとりだった。

松山「打つ前の目が『うわ! すごい……』」

“初対面”はその最終日。大挙したギャラリーとともに、松山は枯れた松の葉を踏みしめながら、その姿を追った。アウトコースの4番パー5は、伸びやかなストレートホール。セカンドショットをグリーン右サイドに曲げたウッズのボールを見るや否や、英樹少年は一目散に林を駆け抜けた。

「相当、ダッシュしましたよ(笑)。『早くボールの近くに行こう』って」

 3打目のポジションはピンまでおよそ25ヤード、ギャラリロープに近かったため、ウッズを目の前にすることができた。「ほぼ林の中からのショットだったんで、(自分と)タイガーまで4、5ヤードくらいだった」

 今も脳の中心に刻まれているのが、その瞬間の衝撃だった。

「打つ前の目が『うわ! すごい……』という目だった。睨まれているのかと思った。タイガーって、目がデカイじゃないですか。『え? こっちを見ているの?』みたいな感じで。全然見てないんですけど……」

【次ページ】 松山の記憶に鮮明に残る、ラフを転がったボール。

1 2 3 NEXT
タイガー・ウッズ
松山英樹

ゴルフの前後のコラム

ページトップ