ブラジルW杯通信BACK NUMBER

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!
不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/06/23 16:30

コロンビア戦こそ、山口蛍が輝く!不完全燃焼の払拭は「攻撃」にあり。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ギリシャ戦では引いた相手にたいして持ち味である積極的な守備が機能する場面も少なく、カバーリングに追われた山口蛍。しかし彼の守備力は、コロンビアという格上相手でこそ生きるはずだ。

「引く前に1点とらなあかんかった」

 終了間際、パワープレーに転じると山口の存在はほぼ消えてしまった。日本は、それでもギリシャの壁を打ち破ることができなかった。0-0で勝ち点1を獲得したが、それは勝ち点2を失ったに等しかった。

「正直、相手はそんなに強い感じはしなかったけど、10人になって引く前に1点とらなあかんかったと思います。11対11の時は、いいサッカーができていたと思うし、チャンスも多かったんで。それがギリシャ戦のポイントかなと思いますね。

 個人的には前半はともかく、後半はうしろにいて何もしていないんで、なんとも言いようがないですけど……。もっと前半のようなプレーをしたかったという思いは強いです。そういう意味では残念というか、悔しいです」

コロンビア戦は、山口の良さが生きる試合になる。

 山口の表情は、コートジボワール戦後の時以上に悔しさに満ちていた。自分のプレーを出してチームの勝利に貢献したかったが、後半ほとんど試合に関わらないという一番残酷な状況で試合を終えてしまった。だが、山口は落ち込むことなく、前を向いていた。

「もう終わったことをあれこれ言っても仕方ないんで、気持ちは次に向いています。コロンビアは、攻撃的なチームやし、組織的にもまとまっている。10番のハメス・ロドリゲスやクアドラドはいい選手やし、全体的に個の能力が高い。ただ、前に出て来てくれるんで攻守に自分の強みが活かせると思います。このままやと何もしないで帰ることになるんで、しっかり自分のプレーをして、チームの勝利に貢献したいですね」

 ザックジャパンのメンバーには個性派が多く、戦術的にもチームの中で自分の良さを出して戦うことの難しさを感じている山口だが、コロンビアはギリシャと違って前に出てくるチーム。山口の良さが十分に発揮され、不完全燃焼の2試合を吹っ飛ばす仕事ができるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
山口蛍
ハメス・ロドリゲス
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ