島袋洋奨の名言 

今日の名言 

甲子園でもいろんなピッチャーと投げ合いましたけど、宮國は自分が最も恐れた相手でした。

島袋洋奨(高校野球)

2014/03/07

2010年の沖縄大会決勝で、2年連続甲子園出場をかけた興南と、初出場をかけた糸満が対峙した。興南は昨年度の胴上げ投手である島袋洋奨、糸満はのちに巨人に入団する宮國椋丞という屈指の好投手同士の投げ合いである。結果は興南が勝って甲子園に駒を進めたのだが、「今思えば、甲子園で戦ったチームより糸満の方が強かった。沖縄の決勝はレベルの高い試合だったし、同じ沖縄にすごいライバルがいたんだなと思います」。卒業後、島袋は中央大学に進学。「プロの世界に行けるものなら何位でも行きたい。宮國とは……投げ合いたいですね。それも、沖縄で投げ合いたいです」

Number834号(2013/08/08)

甲子園熱風録。~誇り高き敗者の夏~
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ