欧州サムライ戦記BACK NUMBER

入場は最後尾、FKはテコでも動かず。
ミランでも“オレ流”を貫く本田圭佑。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/01/17 11:05

入場は最後尾、FKはテコでも動かず。ミランでも“オレ流”を貫く本田圭佑。<Number Web> photograph by AFLO

ミランの練習場を去る本田圭佑。セリエAでは、練習はほぼ非公開で行なわれる。短い期間でチームとの相互理解を深めるには最適な環境と言えるだろう。

空気を読めるエゴイスト、という二面性。

 ただし、もし自分のやり方を無理矢理押し通すだけのエゴイストだったら、本田が後半2分にゴールを決めたとき、あれほどチームメイトから祝福されることはなかっただろう。10番のまわりに歓喜の輪ができたのは、わずかな時間で信頼を得ていたからに違いない。

 本田が普通ではないのは、エゴイストでありながら、日本人的にきちんと空気も読めることだ。

 スペツィア戦では強引にシュートを打てる場面でも、あえてパスを選択するシーンが目についた。攻めあぐねているときは、積極的にパスコースに顔を出して、ビルドアップの潤滑油になった。

 空気を読めるエゴイスト――。

 モダンな10番と言い換えてもいいかもしれない。

『ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト』紙が「優雅」と「効率的」という一見相反する表現を同時に使って評価したのも、本田のこういう二面性を感じ取ったからではないだろうか。

 まだ1ゴールにすぎない。それも2部相手だ。だが、価値観の地殻変動を予感させるからこそ、地元紙も1面で新加入の日本人を取り上げたのだろう。

 本田はただ活躍するだけでなく、新たな10番像を創造するかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
ACミラン
本田圭佑
クラレンス・セードルフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ