ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

大作家の筆で味わう、
スポーツ・ライティング。
~井伏鱒二・著『川釣り』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2013/11/22 06:00

大作家の筆で味わう、スポーツ・ライティング。~井伏鱒二・著『川釣り』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『川釣り』井伏鱒二著 岩波文庫 560円+税

 教科書によく載っている「山椒魚」の作者。文豪には違いないが、それではちょっと物々しい気がする。簡潔で平明で、アユのはらわたの様なほろ苦いユーモアと余韻漂う文章の達人。井伏鱒二、号は尊魚堂主人、釣りの名手としても知られる大作家だ。

「おい井伏や、釣りは文学と同じだ」と釣りの師匠・佐藤垢石(こうせき)はいう。教わりたてはよく釣れるが、自分で工夫するうちに釣れなくなり、10年続ければまた釣れ始める。「先ず、山川草木にとけこまなくっちゃあいけねえ」と。垢石は随筆家で釣りの名人、諭すところは文章道と同じ修行の道だが、井伏先生はそんな厳しい教えは心の底にしまい込み、竿をかついで飄々といそしむ釣り行脚の記である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 482文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Baseball Final 2013~東北楽天、9年目の結実~

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ