SCORE CARDBACK NUMBER

もうひとりの黄金世代、
大堀裕次郎の台頭に期待。
~日本アマゴルフ王者の覚醒~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byJGA

posted2013/08/05 06:00

もうひとりの黄金世代、大堀裕次郎の台頭に期待。~日本アマゴルフ王者の覚醒~<Number Web> photograph by JGA

関西アマに続き、日本アマで優勝した大堀。今後はプロのトーナメントにも出場する予定。

 今年の日本アマチュアゴルフ選手権を制したのは、大阪学院大学4年の大堀裕次郎だった。

 4人兄弟の末っ子の彼は、兄・耕太郎さんの影響で10歳からゴルフを始め、2010年の日本女子学生チャンピオンに輝いた2学年上の姉・薫さんにも支えられてきた。

 小学6年生のときにジャングルジムから落ちて、左腕の肘を骨折するというアクシデントもあり、スイングも左肘の使い方が変則だが、182cmの長身から繰り出すドライバーショットは、平均飛距離300ヤードに迫る。

 中学生の頃は、同じ年の石川遼たちとチームジャパン・ジュニアに選抜され、ともに合宿を行なった経験もある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大堀裕次郎

ゴルフの前後のコラム

ページトップ