SCORE CARDBACK NUMBER

王者の魅力を引き出した
35歳の老獪なテクニック。
~山中慎介とのボクシング名勝負~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/04/28 08:00

王者の魅力を引き出した35歳の老獪なテクニック。~山中慎介とのボクシング名勝負~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

ツニャカオの奮戦に、長谷川穂積も「僕が見てきた中で一番の試合だった」と振り返った。

 4月8日に両国国技館で行なわれたトリプル世界タイトル戦。メインのWBCバンタム級戦は、チャンピオン山中慎介が、35歳のフィリピン人挑戦者マルコム・ツニャカオを最終12回に劇的に倒し、自慢の強打を存分にみせつけた。

 勝者も見事だったが、一方でこの試合をクラシックな好勝負に仕立て上げた敗者の奮闘ぶりにも称賛を送りたい。

 試合前の予想は、筆者の頭の中でも両極端に分かれていた。いま乗りに乗っている山中の強打が老雄を粉砕し、ワンサイドのKO劇に終わるか、反対にツニャカオが豊富な経験を活かして山中の強打を封じるか。予想がつかないからこそ興味を引く好カードなのだが、結果的に予想は半分当たり、半分は外れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

バルサの覇権は続くのか。

Sports Graphic Number 827

バルサの覇権は続くのか。

 

関連記事

山中慎介
マルコム・ツニャカオ

ボクシングの前後の記事

ページトップ