WBC 侍ジャパンの道BACK NUMBER

“エースへの期待”が消えた23球!?
田中将大ら若き侍が直面した課題。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/03/03 12:15

“エースへの期待”が消えた23球!?田中将大ら若き侍が直面した課題。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

大会前には「1試合抑えたら周りの見方も変わりますから、しっかり投げたいですね」と語っていた田中。侍ジャパンのエースとして早く「本来の力」を取り戻して欲しい。

もうこれ以上……期待だけで田中に頼るのは無理!?

「大会前に結果がでない中で、開幕投手を任せていただいたのに……。何も言える立場ではない。次のチャンスがあるならしっかり準備をするだけです」

 試合後に厳しい表情でこう語った田中だが、滑ると言われるメジャー球が合わないのか、それとも固いマウンドに違和感があるのか――。

 田中本人は「感覚は悪くない」と語るが、そうしたいつもと違う感覚への不安とイライラがマウンドから伝わってくる。それがモロに出てしまう精神面の弱さが、タフな国際大会で好投できない一番の原因のように映る。

 いずれにしても、もうこれ以上、この右腕を軸にローテーションは組めないという判断を下さざるを得ないのかもしれない。

「期待という部分は確かにあります。ただ、もう期待だけではすまない。現実をみながら、次の方策を考えなければならないときだと思いますね」

 こう語るのは与田剛投手コーチだ。

 3日の中国戦に勝てば、2次ラウンド進出はほぼ確定するが、その一方で、その先を睨むとローテーションの再編、打線の立て直しと、開幕戦で突きつけられた課題は山とある。

 使える選手と使えない選手を、いち早く見分けて、使える選手を徹底的に使い込んでいくというのは短期決戦の鉄則だ。

 ベテラン選手の力の大きさと淡い期待は捨てなければならないこと――苦しんだ初戦で日本代表が得た教訓だった。

関連記事

BACK 1 2 3
内川聖一
糸井嘉男
山本浩二
井端弘和
阿部慎之助
田中将大
与田剛
長野久義
鳥谷敬

プロ野球の前後の記事

ページトップ