ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

マガト監督に“干された”長谷部誠。
折れない心と代表へ懸ける意気込み。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/10/12 10:30

マガト監督に“干された”長谷部誠。折れない心と代表へ懸ける意気込み。<Number Web> photograph by AFLO

開幕からの全試合で、ベンチ入りさえかなわない状態にある長谷部。スタンドからヴォルフスブルクの試合を観戦する光景も……。

日本代表での試合は、自身の存在証明をかけた舞台だ。

 そんな長谷部にとって、日本代表での活動はかけがえのない時間となっている。ただ、その立場とて、決して甘くはない。長谷部がクラブで試合に出ていないにもかかわらず招集されている以上、代表で良いプレーを見せられなければ大きな批判にさらされるリスクがあるからだ。

「まぁ、これだけ試合に出られないのはサッカー選手としては初めてのことだから、未知の部分はちょっとある。もちろん、試合に出ていないということは周りから言われるだろうけど、結局はピッチの中で結果を残さないといけないわけだから。僕らの場合は、そういうのが評価されるわけだから。その辺は自分の中ではクリアになっていますよ」

 つまり、今の長谷部にとって日本代表での試合は、サッカー選手としてプレーする貴重な機会であるのと同時に、自身の存在証明をかけた舞台でもあるのだ。だからこそ、10月12日のフランス戦と16日のブラジル戦は、代表のキャプテンにとって大きな意味を持つ試合となるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
長谷部誠
ヴォルフスブルク
フェリックス・マガト

海外サッカーの前後の記事

ページトップ