SCORE CARDBACK NUMBER

新パンクラスがぶち上げた、
「世界標準」の大改革。
~総合格闘技のピラミッド化とは?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byPANCRASE

posted2012/07/18 06:00

新パンクラスがぶち上げた、「世界標準」の大改革。~総合格闘技のピラミッド化とは?~<Number Web> photograph by PANCRASE

6月2日、試合を終えた前代表の川村亮は酒井代表をリングに上げ、団体の発展を誓った。

 設立19年目の総合格闘技団体がリニューアル。6月1日、パンクラスは都内で記者会見を行ない、同日付けで団体の運営がドン・キホーテからスマッシュに委譲されたことを発表した。

 会見で同社の酒井正和新代表は「世界標準」をスローガンに次々に改革案を口にした。パンクラスの王者らを世界に送り込むためのパンクラスマネージメントやパンクラスUSAの設置、アマチュアを底辺としプロを頂上とする、競技としてのピラミッドの設立、いまやアメリカでは総合格闘技の主流となったケージ(金網)ファイトの導入などである。

 現在の総合格闘技はUFCを頂点とするアメリカのマーケットが主流だ。しかし、従来の日本の団体(組織)はアメリカに選手を送り込むシステムを構築しなかったため、日本で王者になっても次の目標を設定しづらい構造になりつつあった。パンクラスが世界への扉を作れば、そうした問題も解消される方向に向かうのではないか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

酒井正和
村山暁洋
高橋義生

格闘技の前後のコラム

ページトップ