SCORE CARDBACK NUMBER

落馬を見たい人はいない。
騎手に必要な注意と自制。
~岩田康誠騎手の騎乗に思う~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2012/05/27 08:00

落馬を見たい人はいない。騎手に必要な注意と自制。~岩田康誠騎手の騎乗に思う~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

NHKマイルCでのシゲルスダチとマウントシャスタ。後藤騎手の復帰は6月以降の予定。

「火事と喧嘩は江戸の華」という古い言い回しはあるが、競馬における落馬を見たいと思う人はいない。生身の人間や馬が危険にさらされる事故は悲惨だが、そのほとんどが不可抗力によるものであることだけは強調しておきたい。

 5月9日の栗東トレセンの坂路コースに、およそ似つかわしくない悲鳴が数分間、断続的に何度も上がった。急坂を上がり終えた1頭の馬が、頂上で騎乗者を振り落として暴走。よりによって、多くの馬が上がって来る坂路をUターンで下って行ってしまったのだ。その光景はまさに背筋も凍る恐ろしさ。高速道路の逆走事故が頭に浮かんだほどだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

シゲルスダチ
高田潤
岩田康誠

競馬の前後のコラム

ページトップ