SCORE CARDBACK NUMBER

名勝負を生み続ける聖地。
後楽園ホール50年の記憶。
~ボクシングで最高の試合は?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/04/03 06:00

名勝負を生み続ける聖地。後楽園ホール50年の記憶。~ボクシングで最高の試合は?~<Number Web> photograph by KYODO

昨年は世界戦2試合の舞台となり、井岡一翔が初防衛、八重樫東(写真)が王座を獲得した。

 後楽園ホールで初めてボクシングが行なわれてから、まもなく50周年を迎える。こけら落としは'62年4月16日の高山一夫の無冠戦。当時強打が売り物の日本フェザー級王者の熱烈なファンで、手に汗握ってテレビ観戦した記憶がある。

 今でこそ「ボクシングの聖地」などと称されるようになったが、開場当時は新聞の記述もあっさりしたものだった。郡司信夫著『ボクシング百年』では、'58年に旧講道館を購入して「後楽園ジム」とした経緯を紹介しているが、'62年の現ホール新設についてはほとんど触れていない。移転程度の認識だったのだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 684文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

藤猛
高橋ナオト
マーク堀越

ボクシングの前後の記事

ページトップ