SCORE CARDBACK NUMBER

“しずちゃん”の陰に隠れた、
日本女子史上最高の名勝負。
~ボクシング五輪代表の座をかけて~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2012/02/24 06:00

“しずちゃん”の陰に隠れた、日本女子史上最高の名勝負。~ボクシング五輪代表の座をかけて~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

僅差で新本亜也(左)を降した箕輪綾子。3月のアジア選手権の成績を受け代表が決定する

 過去にないほどの盛り上がりを見せた、第10回全日本女子ボクシング選手権大会(2月8~11日、広島)。ロンドン五輪で初めて採用されるこの競技の予選代表選考も兼ねた重要大会に、プロの世界戦をもしのぐ数のメディアがかけつけた。

 そのお目当てはミドル級に出場したタレント山崎静代だったが、この日一番の見ものはフライ級決勝だった。男子の村田諒太とともに五輪のメダルに最も近いと期待される新本亜也と、ライバルの箕輪綾子が2分4ラウンドをフルに打ち合い、わが国女子ボクシング史上に刻まれるべき名勝負を演じたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 660文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<Jリーグ20年記念>歴史を動かした20人。

関連記事

箕輪綾子
新本亜也
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後の記事

ページトップ