MLB東奔西走BACK NUMBER

多数報じられる松坂大輔との比較論。
米メディアのダルビッシュの評価は? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/03/14 10:31

多数報じられる松坂大輔との比較論。米メディアのダルビッシュの評価は?<Number Web> photograph by Getty Images

ダルビッシュ有投手は、3月7日、アリゾナ州ピオリアで行なわれたパドレス戦でメジャーオープン戦に初登板した。2回打者8人に対して36球を投げ、2塁打を2本打たれたものの、3三振を奪うなど無失点に抑えた。

誤解の大元は未体験のメジャー打者の鋭い打球にあり。

 一方で、早くもメジャーのレベルの高さも実感することになったようだ。

 オープン戦登板後、ウィル・ベナブル選手にフェンス直撃の二塁打を打たれたことに対して、ダルビッシュはこう述べていた。

「そんなに捉えられたという感じはしなかった」

 この発言が傲慢だとして、アメリカのメディアで物議を醸した。ダルビッシュ本人の説明不足(そんなに「捉えられたという感じはしなかった」のに打球が遠くまで飛んだので凄い、という意味だった)と通訳を通す微妙なニュアンスの違いもあったろう。だがそもそも、ダルビッシュが日本で経験したことがなかった凄い打球だったからこそ、あのような発言になったと考えるべきなのだ。

 先月のコラムで、木田優夫投手がメジャー2年目に首位打者を獲得できなかったイチロー選手のコメントを披露してくれたことを書いた。

「何言ってるんですか。だからメジャーに来たんですよ」

 オープン戦初登板を終えた今、きっとダルビッシュも同じような心境を味わっていることだろう。

 いずれにせよ、米国でもここまでのダルビッシュの評判は上々だ。彼が1995年の野茂英雄投手や2001年のイチローのように米国中にセンセーションを巻き起こせるかどうかは、すべて彼の今後の活躍にかかっている。

関連記事

BACK 1 2 3
テキサス・レンジャーズ
ダルビッシュ有

MLBの前後の記事

ページトップ