野球善哉BACK NUMBER

勝つべくして勝った中京大中京。
「一球一打」への異常な集中力。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/08/25 12:05

勝つべくして勝った中京大中京。「一球一打」への異常な集中力。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「甲子園ドラマ」をねじ伏せた河合、執念のキャッチ。

 日本文理は好機をつぶされ、中京大中京は6点をもぎ取った。そして、得点した直後の日本文理の反撃を1点に留めた。この6回表裏の攻防は、中京大中京の「一球一打」が如実にもの言う結果となったわけだ。

 10―4でむかえた9回表、日本文理は2死から反撃に出る。四球が絡んだとはいえ、一気に1点差としたのは奇跡的とさえいえる。「これぞ甲子園ドラマ!」という猛反撃であった。大歓声に包まれるスタジアムの雰囲気に、今大会堅守が光った三塁手・河合完治でさえも、ファウルフライを見失ってしまったほどだ。

 しかし、1点差の2死一、三塁。8番・若林の快音を響かせた鋭い打球は「飛んできそうな感じがしていた」という河合のグラブにノーバウンドでおさまった。2時間半の壮絶なドラマがエンドマークをつけた瞬間。

「一球一打」。

 中京大中京の強さは、まさにその瞬間に極まった。

関連記事

BACK 1 2
日本文理高校
中京大中京高校

高校野球の前後の記事

ページトップ