SCORE CARDBACK NUMBER

強い喪失感が漂うヘビー級「谷間の時代」。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/05/06 00:00

 この4月は2週間の短期間に4団体計4試合の「世界ヘビー級タイトル戦」が集中して行われる異例の「ヘビー級月間」となった。

 この原稿の締め切り時点で4つ目のWBC王座決定戦の結果は分からないが、すでにファンはヘビー級に強い「喪失感」を抱いているだろう。初戦のWBO戦でウラジミール・クリチコがレイモン・ブリュースターに惨敗を喫し王座に復帰し損なったからだ。ウラジミールとビタリの身長2m超の巨人兄弟が同時に王者となり、しばらく彼らの時代が続く――との夢は呆気なく崩壊した。攻撃面では素晴らしいクリチコ弟だが、守りに回ると意外なほどの脆さを露呈する。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ボクシングの前後のコラム

ページトップ