SCORE CARDBACK NUMBER

いまやあの曙に、プロレス業界が大絶賛。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2005/09/15 00:00

いまやあの曙に、プロレス業界が大絶賛。<Number Web> photograph by Essei Hara

「あれだけやれるなら、最初からプロレスをやればよかったのに……」

 関係者からそんな溜息が洩れたのが、8・21の東京・後楽園ホール。武藤部屋入りした曙の全日本デビュー戦のことだ。黒のボディスーツの背中に「64」、左太腿に「YOKOZUNA」の入ったコスチュームだ。曙が入場すると急にリングが小さく見える。推定体重220kgの巨体が圧倒的存在感で迫ってくる。

 150kgの嵐(元十両・卓越山)を相撲流のぶちかましで吹き飛ばし、若手の雷陣明をカエルのようにのばし、最後はすくい投げの姿勢からそのまま全体重を浴びせる必殺技64(第64代横綱から命名)でフォールを奪った。タッグとはいえ再スタートは白星で飾った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[海外組10人の新たなる挑戦]欧州に誓う。
曙太郎
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ