SCORE CARDBACK NUMBER

ストライクフォースも買収。
UFCの独走が止まらない。
~突然の身売りの真相~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/03/29 06:00

ストライクフォースも買収。UFCの独走が止まらない。~突然の身売りの真相~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

元アマチュアボクサーのホワイト代表。他団体に対して、辛辣な批判を繰り返す毒舌家だ

 総合格闘技はUFC独占の時代へ。先日、UFCを運営するズッファ社のダナ・ホワイト代表はストライクフォースを買収することを発表した。

 ここ数年、格闘技界はUFCに話題が集中。それに唯一業界No.2のストライクフォースが対抗している格好だった。それだけに今回の買収劇が引き起こした衝撃は大きい。

 UFCが他団体を吸収するのは今回が初めてではない。'05年から1年ごとにWFA、WEC、PRIDEを傘下に組み入れていった。WFAはリョート・マチダら有能なタレントを獲得するための買収だったといわれている。一方、WECの方はWFAとは異なり、UFCの傘下になったあとも軽量級に特化した組織として独自に運営されてきた。正式に統合されたのは昨年秋のことだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

格闘技の前後のコラム

ページトップ