JリーグPRESSBACK NUMBER

トーレス鳥栖入団は最高の贈り物!
日本サッカーが学びたいFWの真髄。

posted2018/07/20 10:30

 
トーレス鳥栖入団は最高の贈り物!日本サッカーが学びたいFWの真髄。<Number Web> photograph by AFLO

アトレティコからリバプール、チェルシー、ミラン。代表では110試合38得点の男はどんなパフォーマンスを見せるか。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

AFLO

 7月18日に再開されたJ1リーグに、ふたりのビッグネームがやってきた。ひとりはロシアW杯前にヴィッセル神戸入りを発表したアンドレス・イニエスタ、もうひとりはサガン鳥栖に入団したフェルナンド・トーレスである。ともに1984年生まれの元スペイン代表が、揃ってJリーグに参戦することになった。

 ロシアW杯に出場していたこともあり、現時点での期待値はイニエスタのほうが高い印象だ。オーナー所有のプライベートジェットによる来日といった派手な演出も、メディアが大きく取り上げることにつながっている。

 それでも、トーレスが日本へやってきたことには大きな、大きな価値がある。

 イニエスタと同じMFのポジションには、優れた教材となる日本人選手がいる。中村俊輔がいる。遠藤保仁がいる。中村憲剛がいる。プレータイムこそ短いが、小野伸二や稲本潤一もいる。未来のJリーガーを夢見る子どもたちから憧れの視線を浴び、同じピッチに立つ選手が目を凝らす日本人MFが、Jリーグにはいるのだ。

J1のストライカーを見てみると。

 それに対して、ストライカーはどうだろう。

 J1リーグの得点ランキングでは、パトリック(サンフレッチェ広島)、ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)、ウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス)、ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、ジョー(名古屋グランパス)といった外国人FWが上位に名を連ねる。

 彼らの実力を疑問視するつもりはない。そんなことをしたら、Jリーグのレベルそのものを否定することになってしまう。

 ただ、イニエスタのような分かりやすさが、彼らにはない。「W杯で優勝した」とか「バルセロナでメッシと一緒にプレーしてきた」といった実績の持ち主ではないだけに、子どもたちの憧れの対象になりにくいところがある。それならば、ヨーロッパでプレーする大迫勇也や岡崎慎司の映像を観ることが先行しそうだ。

 そこで、トーレスである。

【次ページ】 周囲との連係を重視する万能型。

1 2 3 NEXT
フェルナンド・トーレス
サガン鳥栖
アンドレス・イニエスタ

ページトップ