ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

W杯優勝は20年ぶり2度目の偉業!
個が組織の中で輝いた若きフランス。

posted2018/07/16 13:00

 
W杯優勝は20年ぶり2度目の偉業!個が組織の中で輝いた若きフランス。<Number Web> photograph by Getty Images

早速新しいユニフォームに袖を通したグリーズマン。ムバッペが示す先に、代表の象徴・雄鶏と、優勝2回目を表す2つの星が。

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 主人公として描きやすかったのは、クロアチアの方だったかもしれない。

 華奢で小柄なキャプテンに導かれた東欧の小国が、ギリギリの戦いを繰り返しながら、ファイナルの舞台に辿り着く。3戦連続の延長戦を経て心身ともに疲弊した選手たちは、追い詰められてズタボロになっても、底知れぬ執念と団結力を見せ、最後の戦いで強大な相手を撃破する。そんなストーリーを期待していたファンも少なくなかったはずだ。

 しかし、現実は少年マンガのような展開とはならなかった。

 クロアチアの望んだシナリオを破綻させ、ロシアの地を舞台とした戦いの物語の主役となったのは、若きタレント軍団フランスだった。

均衡を破ったのは、またセットプレー!

 手堅いサッカーで決勝まで勝ち上がってきたフランスと、コンディションに不安のあるクロアチア。決勝特有の緊迫感も相まって、立ち上がりは予想通りに静かな展開となった。ボールを保持したのはクロアチアだったが、フランスにとっては想定内。素早く切り替え、カウンターを狙うこれまで通りの戦略で、相手の隙を窺った。

 最も警戒すべきルカ・モドリッチには、エンゴロ・カンテを監視役として張り付かせる。ラウンド16のアルゼンチン戦でリオネル・メッシを封じた守備の達人は、この試合でも与えられた大役を十二分にこなしていく。

 ヒリヒリした競り合いが続くなか、均衡を破ったのは、またしてもセットプレーだった。

 18分、キッカーはアントワン・グリーズマンで、飛び込んだのはラファエル・バラン。準々決勝のウルグアイ戦を想起させるシーンは、相手のオウンゴールを誘発する。準決勝のベルギー戦でも決勝点を導いたセットプレーは、今大会のフランスの最大の武器だった。

【次ページ】 VAR判定はフランスに味方した!?

1 2 3 NEXT
ルカ・モドリッチ
エンゴロ・カンテ
ディディエ・デシャン
キリアン・ムバッペ
アントワン・グリーズマン
ラファエル・バラン
イバン・ペリシッチ
ポール・ボグパ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ