ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ベルギー戦後にオシムが喝破した、
日本代表のさらなる伸びしろ。
 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/07 09:00

ベルギー戦後にオシムが喝破した、日本代表のさらなる伸びしろ。<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギーの守護神ティボー・クルトワ。ゴールを守るだけでなく、決勝点のお膳立てまでキッチリこなした。

日本代表のチームを完成させるためには……。

――日本代表についてはどう思いますか?

「チームを完成させるには少し補強する必要がある。(長友に代わる)左サイドバックが必要だ。ストッパーももうひとり必要だし、よりクリエイティブなミッドフィールダーも必要だ。今より少し能力の高い選手だ。より機動力に富みアグレッシブで得点能力の高いフォワードを持つのは大きなアドバンテージだ。彼らが海外でさらに多くを学べばとてもアグレッシブになれる。機動力を備えてどこでも走ることができる。

 私が考えるには……これからのサッカーはさらにスピードアップしていく。

 選手もプレーのスピードもだ。

 それにはさらなるフィジカルの強化が不可欠だ。フィジカルが屈強な選手はとても危険で、逆にフィジカルに問題のある選手は、これからのサッカーではプレーができない」

なるべく若い年齢でテクニックは磨くべき。

――技術はどうですか?

「幸いなことにこれからも変わらないのがテクニックの分野だ。多くの選手は自分が優れたテクニックを持っていると思い込んでいる。しかしプレーのスピードがさらにアップしたときには、それでもなおボールを正確にコントロールしなければならないので、決して十分ではなくなるだろう。スピードの向上にともないさらに技術も向上していくことになるし、それにはもっと練習を積んでいく必要がある、ということだ。

 ただしそれは選手それぞれが行うべきことであり、(プロ)選手になってから技術を向上させようとしても遅い。もっと早くに、若い頃になすべきことでもある。

 サッカーがより面白く進化していけば、よりスピーディになっていく。スプリントや1対1の局面などにおいて。そうしたところでサッカーは進歩するだろう。

 人々はそうしたものに魅了され、より多くの人が試合を見にスタジアムに通うだろう。

 今なお、静かにだが着実にサッカーは完成へと向かっている。

 私が言いたいのはそういうことだ。より“パーフェクト”へと向かって……その具現化が試合の美しさであり、プレーの美しさとなる」

【次ページ】 オシムが考える、日本サッカーの強さとは?

BACK 1 2 3 4 NEXT
イビチャ・オシム
ティボー・クルトワ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ