ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ベルギー戦後にオシムが喝破した、
日本代表のさらなる伸びしろ。

posted2018/07/07 09:00

 
ベルギー戦後にオシムが喝破した、日本代表のさらなる伸びしろ。<Number Web> photograph by Getty Images

ベルギーの守護神ティボー・クルトワ。ゴールを守るだけでなく、決勝点のお膳立てまでキッチリこなした。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 劇的な結末を迎えたベルギー戦について、イビチャ・オシムに2度電話で話を聞いた。最初は試合の直後、2度目はその3日後である。

 喜びと悔しさ、ふたつが入り混じった複雑な感情を呼び起こした試合への思いは、悲しいながら根底に喜びと満足があるという点で、オシムも私たちと一緒だった。

 ここに掲載するのは、試合直後に行われたインタビューである。

 試合の興奮が冷めやらないなかで、オシムが日本サッカーを巡る状況についても冷静に分析していることがよくわかる(なお、長谷部誠の代表引退と、新しい代表監督をどう選べばいいのか、日本サッカーがこれから何を目指すべきかを語ったインタビューは、7月10日発売のナンバー臨時増刊号にその骨子を掲載しているので、そちらを参照していただきたい)。

「これで日本はどんな試合でも戦える」

――元気ですか?

「君らは運が良かった」

――メルシー、そう悪くない試合でしたが……こういう結果になりました。

「ああ、いい試合だった。本当に素晴らしかった。そして幸運なことにあなた方は、再び自分たちが勝てると信じられるようになった。これからの予選でもまた別の試合でも。これで……日本はどんな試合でも(自信を持って)戦える。本当に素晴らしいパフォーマンスだった。

 今、私は決勝点となったゴールのリプレイを見ている。テレビでプロハスカ(=ヘルベルト・プロハスカ。元オーストリア代表の名選手)が解説しているが、ベルギーのプレーは素早かった。とりわけGKがそうで、デブライネがよく走って前線までボールを運んだ。彼を行かせてはならなかった」

【次ページ】 「やってきたことに間違いはなかったと確信を」

1 2 3 4 NEXT
イビチャ・オシム
ティボー・クルトワ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ