ゴルフPRESSBACK NUMBER

上原彩子の飛距離がまた伸びた!
新コーチは地獄の練習で何を教えた?

posted2018/06/19 07:30

 
上原彩子の飛距離がまた伸びた!新コーチは地獄の練習で何を教えた?<Number Web> photograph by Shizuka Minami

新コーチのテッド・オーと上原彩子。過酷な練習を課す氏のトレーニングで、上原のプレーは一気に変貌した。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 思わず二度見してしまった。

 だって「248.57ヤード」である。

 上原彩子のドライバー平均飛距離が、去年より約10ヤード伸びている。239.30('17年)→248.57('18年6月10日現在)

 プロ16年目にして、グンと飛距離が伸びたのはどういうことなのか?

 上原のコーチを務めるテッド・オー氏が切り出した。

「ウサイン・ボルトみたいな瞬発力を養ったからです」

リディア・コと同じプロコーチを。

 昨年、予選落ちが続いていた上原は、不振から脱却するため新しいコーチを探した。選手仲間を通して、韓国系アメリカ人のオー氏と出会った。

 オー氏のコーチ歴は浅い。

 彼が一躍注目を集めたのは、タイガー・ウッズと競いあったジュニア時代である。その選手時代には、残念ながらPGAでプレーすることなく、下部のWeb.com(当時はNike Tour)を主戦場とした。そして'16年に引退して、コーチに転身する。米女子ツアーでは、米女子ツアー通算14勝のリディア・コ(ニュージーランド)も指導しているという。

 オー氏は、選手の特徴を見極めて「弱点の克服」を重視する指導方針をとる。

 知り合った当時の上原の弱点は「スイング」と分析された。

 例年の上原のドライバーの平均飛距離は、全選手の中で下位10番目ぐらいだった。

「本人が無意識のうちに『もっと飛ばしたい』と力み、スイングがずれてしまっていたのでしょう」とオー氏は推測する。

【次ページ】 男子プロでさえ音を上げる練習を黙々と。

1 2 3 NEXT
上原彩子
テッド・オー
リディア・コ

ページトップ