ゴルフPRESSBACK NUMBER

今季の畑岡奈紗は優勝争いの常連へ。
予選落ち連発の昨季からなぜ急成長?

posted2018/05/29 17:00

 
今季の畑岡奈紗は優勝争いの常連へ。予選落ち連発の昨季からなぜ急成長?<Number Web> photograph by Shizuka Minami

今季は出場する大会で堂々と優勝争いできるまでに急成長した畑岡奈紗。この19歳のポテンシャルには、恐るべきものがある。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Shizuka Minami

 野球に例えると、ノーヒットノーランを達成しながら延長戦で敗れた感じだろうか。

 畑岡奈紗は、完全試合未遂だった。

 5月17日~20日の「キングスミル選手権」、畑岡は3日間ノーボギーで回った。(悪天候のため、試合は54ホール競技に縮小)。14アンダーの首位タイでホールアウトしたが、惜しくもプレーオフでアリヤ・ジュタヌガーンに敗れた。

「自分のベストを尽くした結果なので、悔いはないです」

 畑岡は試合後に爽やかな笑顔をみせた。

 昨季は米女子ツアーで出場した試合の半分以上で予選落ちという、苦いルーキーイヤーとなった。今季はまだシーズン中盤にも関わらず、すでにトップ10入り3回と、別人のように好調である。

 好転のきっかけは、昨年の終わり頃にショットを修正できたこと。

 スイングのトップがクロスする癖を直そうと試みるうちに、ボールを上から打ち込めなくなっていたことに気づいた。

「体の回転だけで打つように、シンプルに」

今季いきなり凄いショットを打つようになった!?

「キングスミル選手権」では、ティーショットの90%がフェアウェイをとらえた。さらに今季のドライバーの平均飛距離は264.58ヤードと、パワー系の外国勢に全く引けを取らない。

 だが、ちょっと待ってほしい。

 本来のスイングを取り戻したとはいえ「世界に通用する正確に遠くまで飛ぶショット」を、19歳の畑岡はどうやって習得したのだろうか?

【次ページ】 小学生から中学生前半までに様々なスポーツを。

1 2 3 NEXT
畑岡奈紗
アリヤ・ジュタヌガーン

ページトップ