JリーグPRESSBACK NUMBER

ク・ソンユン「札幌は1つの家族」
韓国のクルトワに股抜きは通じない。 

text by

岩崎龍一

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/05/16 07:00

ク・ソンユン「札幌は1つの家族」韓国のクルトワに股抜きは通じない。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

Jを席巻する韓国人GKの中でも、ク・ソンユンの存在感は輝いている。

高3でセレッソに加入し、日本へ。

 韓国の在鉉高校3年時にセレッソ大阪の目に留まった。それが日本との出会いとなった。18歳の誕生日を迎えた翌月の2012年7月に入団テストを受けて、高校在学のままセレッソ大阪U-18に加入。翌8月には2種登録選手ながらトップチームに登録された。

 しかし、チームには韓国代表GKのキム・ジンヒョンが君臨していた。公式戦での出番はなかった。

 2015年にコンサドーレへ完全移籍したことが転機となった。新天地でレギュラーをつかみJ2での活躍が認められたことで、韓国五輪代表の正GKの座を獲得。2016年リオデジャネイロ五輪では、4試合中3試合に出場しベスト8進出に貢献した。

 来日してもうすぐ丸6年になる。本人は「あんまり日本語がうまく出てこないです」と笑って謙遜するが、とても流暢に日本語を話す。その語学の上達と同様に、サッカーでも充実の時を迎えている。

長身GKの弱点である股下もケア。

 今シーズンのコンサドーレは、第14節を終えて7勝5分け2敗の3位と誰もが予想しなかった順位を走っている。

 無敗記録も第4節から11試合に伸ばした。躍進の基盤となっているのが守備力だ。昨年、第14節時点での失点は21だったのに対し、今年は13。明らかに向上している。その一翼は、間違いなくク・ソンユンが担っている。しかも、高いレベルで。

「僕自身、無敗記録ということはあまり気にしていないんで。とりあえず目の前の試合を勝つ。そういう気持ちでやっている。失点が少なくなっているのは、うちのサッカーの守備のスタートが前になっているから。それがいいんじゃないですかね」

 結果はスコアレスドローとなったが、2位・FC東京との上位対決となった第14節でも素晴らしいプレーを見せた。

 44分の大森晃太郎のミドルシュートを、魔法のように伸びる左手一本でセーブ。54分には右サイドを抜け出した室屋成との1対1を「股抜きもあるから気をつけなければいけない」と低い姿勢で入って、左足でブロックした。

 長身GKの最大の泣き所は、股の下。その弱点をケアした上での判断は、とても熟考されている。

【次ページ】 自分のミスで負けた試合。そして……。

BACK 1 2 3 NEXT
ク・ソンユン
北海道コンサドーレ札幌

ページトップ