JリーグPRESSBACK NUMBER

オリヴェイラの練習は湘南よりキツイ。
闘う集団、レッズが走り始めた。 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/05/15 11:30

オリヴェイラの練習は湘南よりキツイ。闘う集団、レッズが走り始めた。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

「勝つ監督」というイメージが強いオリヴェイラ監督が浦和で始動した。ここからどんな影響が出てくるのだろうか。

オンとオフの切り替えが間断なく。

 そのようにメリハリの大切さを語るオリヴェイラ監督自身は、走ることでリフレッシュするそうだ。

「長年この仕事に携わりプレッシャーと共生することには慣れている。ただ、どこかでリズムをあえて壊すことで、それを軽減することもできると思っています」

 その日、全体のメニューを終えたオリヴェイラ監督が、羽生直行通訳やウェイリントンフィジカルコーチと話しながら颯爽とランニングをしていた。気付けば1時間。指揮官は練習のときとは異なる柔和な表情を浮かべていた。

 そういえば、練習中に選手たちから笑顔が減った気がする。おそらく、いい意味で。限られた1日の練習の時間でも、オンとオフの切り替えが間断なく要求されている。

 オリヴェイラ監督のもと、人よりひと汗多く。闘う集団、浦和が走り始めた。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
オズワルド・オリヴェイラ
浦和レッズ

ページトップ