プロ野球亭日乗BACK NUMBER

大谷翔平はMLB最先端理論も体得!
フライボール革命とカーブの復権。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/11 07:00

大谷翔平はMLB最先端理論も体得!フライボール革命とカーブの復権。<Number Web> photograph by Getty Images

5度目の登板となった5月6日のマリナーズ戦。対戦チームによって変幻自在の配球を見せる大谷翔平。

大谷はフライボールもカーブも体得!?

「各球団、各バッター、特徴がある。それは日本でもアメリカでも変わらないです。僕には僕の特徴があるように、個人個人、特徴が違いますから。それがどういうカウントでどういうボールを投げるかということにつながるんじゃないかと思います」

 そのためにどう幅を広げるか。

 カーブを加えることで、これまでとは違う新境地を見せた3勝目のマウンド。

「制球もアメリカにきて一番、思った通りに投げられていましたし、体自体もいい感じで動いていた」

 打者としてフライボール革命を、投手としてカーブ理論を実践する。盾と矛を両手に持ったような大谷は、まさにメジャーのトレンドを体現する二刀流の使い手なのである。

ICHIROBACK TO MARINERS 2018

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
大谷翔平
ヒューストン・アストロズ
チャーリー・モートン
ジャスティン・バーランダー
ゲリット・コール
クレイトン・カーショー
コーリー・クルーバー
アーロン・ノラ
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ