イチ流に触れてBACK NUMBER

イチローが考える大谷翔平の超才能。
速球や長打力より大事な能力とは?

posted2018/05/12 07:00

 
イチローが考える大谷翔平の超才能。速球や長打力より大事な能力とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

大谷とひとしきり言葉を交わしたイチローは、カノとゴードンの方を向いて満面の笑み。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

“祭り”はやってきた。

 5月4日、セーフコフィールド。イチローと大谷の夢対決は消滅したものの、ふたりが公の場で初めて顔を合わせる。

 一塁側のダグアウトからイチローがフィールドへ出てきたのは午後4時15分。そのとき、大谷翔平は左翼付近で水原一平通訳とキャッチボールをしていた。

 イチローの姿を見つけた大谷がトボトボと走り出す。一方のイチローはカノとゴードンと仲睦まじく話していた。大谷には背を向けながら。

「振り向いちゃ、ダメだ」

 カノなのか、ゴードンなのか、どちらかが言ったという。

 イチローにも大谷が近づいていることはわかっていた。

「ディー(ゴードン)のサングラスに(大谷の姿が)映っていたんでね、うん」

 近づいた大谷が挨拶をしようとした瞬間、イチローが逃げ出した。大谷も負けじと追いかけた。

 日本人選手ふたりの応酬にカノとゴードンは大笑い。5メートルほど“鬼ごっこ”は続いたであろうか。振り向いたイチローと大谷が、がっちりと握手を交わし、ふたりは再会を喜び合った。

イチローの前で躍動した大谷翔平。

 44歳が“いじめっ子キャラ”の本性を見せたのに対し、“待ってくださいよぉ~”とばかりに追いかけた23歳も“甘えん坊キャラ”の一面を十分にのぞかせた。

 21歳の年齢差だから生まれた光景とも感じたが、ふたりの距離感が近いからこそ生まれた“祭り”の幕開けに、誰もが笑顔となった。

 その日、5番・DHで出場した大谷は2安打、1打点の活躍。

 イチローの前で躍動した。

【次ページ】 100マイル投球や長打力よりも大事な能力とは?

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
イチロー
大谷翔平

ページトップ