オリンピックPRESSBACK NUMBER

池江璃花子から“世界のIKEE”へ。
競泳日本選手権で見せた劇的成長。 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2018/04/10 17:00

池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

女子50mバタフライ決勝直後の池江璃花子。自己ベストによる日本新記録で笑顔がこぼれた。

今夏、世界と戦う準備は整った!

 日本選手権最後のレースとなった50mバタフライで、100分の1秒ながら日本記録を更新したあとのインタビューで口にした言葉が、今の池江のすべてを表していた。

「6日間があっという間で、充実した、楽しい試合でした」

 今大会の結果を受け、代表に選考された夏のパンパシフィック水泳選手権では、同年代のライバルである、リオデジャネイロ五輪の100m自由形金メダリストのペニー・オレクシアク(カナダ)との対戦が待っている。

 今大会で叩き出した100mバタフライの日本記録、56秒38はオレクシアクの自己ベストを上回っている。

 世界に羽ばたくための翼は手に入れた。

 あとは今年の夏、その翼を使って飛び立つだけでいい。

 その準備は、すでに整っている。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
4/4ページ
関連キーワード
池江璃花子
ペニー・オレクシアク
東京五輪
オリンピック

ページトップ