オリンピックPRESSBACK NUMBER

池江璃花子から“世界のIKEE”へ。
競泳日本選手権で見せた劇的成長。 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2018/04/10 17:00

池江璃花子から“世界のIKEE”へ。競泳日本選手権で見せた劇的成長。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

女子50mバタフライ決勝直後の池江璃花子。自己ベストによる日本新記録で笑顔がこぼれた。

世界大会のメダルや表彰台より大事な自己ベスト。

 池江にとって、水泳における最大のモチベーションは、自己の記録を更新することにある。

 もちろん、世界大会でのメダル獲得、表彰台獲得など、そういう短期的な目標はある。だが、それよりも池江にとっては、記録こそが自分が競技を行う上で、最も重要な土台になっているのである。

 そのため、池江は「日本記録更新」という言葉をほとんど使わない。日本記録かどうかにかかわらず、自身の記録の更新、つまり「自己ベスト」こそが目標のすべてなのだ。

 だからこそ、2017年シーズンに池江は苦しんだ。

世界選手権で流した涙の理由。

 4月の日本選手権、5月のジャパンオープン2017でも、自己ベストが出なかった。そして、7月の第17回世界水泳選手権(ハンガリー・ブダペスト)でも、それは同様だった。

 世界水泳選手権の2日目、100mバタフライで自己ベストには届かず57秒08の6位に終わり、池江は涙を流す。

「力が足りないというか、実力不足だと思います。自分の力が(世界に)及ばなかったことが、悔しいです」

 その理由は分かっていた。

 五輪という夢の舞台で、自己ベストを更新して5位という結果を経て、どうしても次へのモチベーションを保つことができなかった。

 燃え尽きるには早い、というかもしれないが、スポーツ選手にとって、夢であったことが現実となり、そこで結果を残せると、心の片隅に満足感が住み着いてしまう。

 頭では次の目標を立ててトレーニングを積まなければならないと分かっていても、その満足感が足を引っ張ってしまう。まさに底無し沼にずぶずぶと、少しずつ、でも確実に沈んでいくような感覚。それが、燃え尽きの原因のひとつだ。

 そこから抜け出すのは、容易ではない。達成した目標を超える高い目標を成し遂げるには、当然これまでしてきた以上の努力をしなければならない。自分が経験した苦しみを上回る苦しみが待っている。それを明確に頭と心と、身体で理解してしまい、なかなか踏み出せないのだ。

【次ページ】 国体での日本記録更新が池江を蘇らせた。

BACK 1 2 3 4 NEXT
2/4ページ
関連キーワード
池江璃花子
ペニー・オレクシアク
東京五輪
オリンピック

ページトップ