オリンピックへの道BACK NUMBER

15歳で五輪、19歳で挫折、そして。
競泳・渡部香生子が2年ぶり代表復帰!

posted2018/04/22 08:00

 
15歳で五輪、19歳で挫折、そして。競泳・渡部香生子が2年ぶり代表復帰!<Number Web> photograph by AFLO

長らく代表を離れていた印象がある渡部香生子だが、まだ21歳の大学生。キャリアを築きなおす時間はまだ残されている。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 4月3日から行なわれた競泳の日本選手権では、ベテランから若手まで、さまざまな選手が目を引く泳ぎを見せた。

 その中でも印象的だった1人が渡部香生子だった。

 大会最終日の4月8日、200m平泳ぎで2位に入り、派遣標準記録のIIも突破、アジア大会とパンパシフィック選手権日本代表入りを決めた。

「よかったです。久しぶりに、終わった後に『やった』という感じで、すごくうれしかったです」

 長期間にわたる危機的な状況を乗り越えてつかんだ切符に、レース後、涙混じりの笑顔で語った。

中学生で頭角を現し、15歳で五輪へ。

 渡部は、10代前半から将来を嘱望される存在として注目を集める選手だった。

 中学生の頃から頭角を現すと、周囲の期待に応えるように、2012年のロンドン五輪に15歳で出場を果たした。

 それから3年、2015年の世界選手権では200m個人メドレーで銀メダル、200m平泳ぎでは金メダルを獲得。規定により、翌年のリオデジャネイロ五輪200m平泳ぎ日本代表に内定した。

 ところが、いち早く代表を決めたことが災いした。五輪の金メダル候補として注目はさらに大きくなり、世界選手権金メダリストという肩書きが重くのしかかった。プレッシャーに苛まれ、オリンピックイヤーになっても、練習に集中することができない時期があるほどだった。

 結果、個人メドレーでは代表を逃し、迎えたリオ五輪では平泳ぎの100m、200mともに準決勝敗退に終わった。

「何もできませんでした」

 渡部は泣いた。

【次ページ】 一度離れたことで気づいた水泳の楽しさ。

1 2 3 NEXT
渡部香生子

ページトップ