猛牛のささやきBACK NUMBER

フォークと菅野智之直伝スライダー。
オリ近藤大亮は“変化球の男”だ!

posted2018/03/08 10:30

 
フォークと菅野智之直伝スライダー。オリ近藤大亮は“変化球の男”だ!<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季は平野佳寿につぐチーム2位タイの55試合に登板した近藤。8月10日の西武戦ではプロ初勝利を挙げた。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「今年は変化球投手になります」

 プロ3年目を迎えたオリックスの近藤大亮はそう言って笑った。

 昨年はリリーフとして一軍に定着し、シーズン後半は勝ちパターンの主に7回を任されるようになった。11月には若手主体の侍ジャパンにも選出された。

 近藤の魅力は150km超の力のあるストレート。どんな場面でも臆することなくまっすぐを投げ込み、打者をねじ伏せる姿は爽快だった。

 その近藤の「変化球投手になります」宣言、半分は冗談だ。

 しかし半分は本気である。

 2月の宮崎キャンプ終盤、紅白戦でストレートを打たれることがあっても、「大丈夫です。今年は武器がありますから」と自信をのぞかせた。

「去年は僕、刀1本で頑張ってたんで」

 その武器の1つがフォークだ。

「今年はフォークが決まり出しました。まぁ、まっすぐ主体なのはたぶん変わらないと思いますけど、去年は僕、刀1本で頑張ってたんで。今年は短刀とか、いろいろ武器を備えて勝負しようかなと」

 昨年までもフォークはあったが、勝負所で自信を持って使えるだけの精度はなかったと言う。

「あまり感覚がつかめていなくて、投げてみないとわからない状態でした。使えるときは使えるけど、それではバッターからしたらあまり怖くないじゃないですか。でも今年は使えます。

 去年はほぼまっすぐでの三振でしたから、今年は相手バッターも完全にまっすぐをはってくると思うんで、その裏をかければ、また三振も取れるかなと。やっぱり自分にとっては三振が理想なんでね。奪三振率を上げたいですね」

【次ページ】 西に頼んで、菅野とともに自主トレ。

1 2 3 NEXT
近藤大亮
オリックス・バファローズ
菅野智之
西勇輝
平野佳寿

ページトップ