Number ExBACK NUMBER

メドベデワ、ザギトワを生んだ
ロシア“虎の穴”潜入取材の舞台裏。

posted2018/02/08 08:00

 
メドベデワ、ザギトワを生んだロシア“虎の穴”潜入取材の舞台裏。<Number Web> photograph by Olga Skorupskaya

バレエやダンスなど、スケーティングの技術以外の演技レッスンにも、多くの時間が割かれているサンボ70。

text by

栗田智

栗田智Satoshi Kurita

PROFILE

photograph by

Olga Skorupskaya

 取材は欧州選手権直前の1月中旬のことだった。

 平昌五輪メダル最有力候補のエフゲニア・メドベデワとアリーナ・ザギトワ。彼女たちが所属するロシアのトップアスリート養成学校「サンボ70」の強さの秘密を探るべく、現地潜入取材を行うというのが今回のミッションだ。

 サンボ70のフィギュアスケート部門は「コニョク・チャイコフスコイ」と「フルスタリヌィ」の2つがある。2人が練習しているのは後者のフルスタリヌィで、スケートリンクはモスクワの南西、中心部から車で40分ほどのところにある。

 取材当日。入り口でセキュリティゲートをくぐり、屈強な警備員にカバンの中身を調べられ、パスポートの顔写真と名前を確認され……といった手続きを済ませてようやく中に入る。

 というとずいぶん物々しく聞こえるかもしれないが、ロシアの日常風景である。

ロシアの虎の穴は……名古屋のスケートリンクと似てる!?

 いったん中に入ると、そこはいたって普通のスケート施設だ。

 こぢんまりとした1階ホールには受付、ロビー、売店がある。通路奥にスタッフルームとロッカールームが並び、生徒たちはロッカールームを経由してさらに奥にあるスケートリンクへと向かう。

 ちょうど午後だったこともあり、学校終わりの小学生ほどの生徒たちがぞくぞくと集まってくる。親御さんたちはリンクサイドで練習を見守ったり、ホールのテーブル席でお茶を飲みながら待ったり、のんびりと牧歌的な雰囲気。なんとなくではあるが、名古屋の大須スケートリンクに似ているかもしれない。

 それでも、よく注意して見ていると、ポリーナ・ツルスカヤ、アンナ・シェルバコワ、ダリア・パネンコワ、アナスタシア・タラカノワといった実力ある若手選手がそこここにいて、こちらのテンションもおのずと上がってくる。

【次ページ】 取材したかった、カリスマコーチのトゥトベリーゼ。

1 2 3 4 5 6 NEXT
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
サンボ70
ポリーナ・ツルスカヤ
アンナ・シェルバコワ
ダリア・パネンコワ
アナスタシア・タラカノワ
エテリ・トゥトベリーゼ
アレクサンドラ・トゥルソワ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ