ラグビーPRESSBACK NUMBER

選手権連覇の先に見る「世界基準」。
ラグビー日本一、サントリーの野望。

posted2018/01/15 12:05

 
選手権連覇の先に見る「世界基準」。ラグビー日本一、サントリーの野望。<Number Web> photograph by Kyodo News

沢木敬介監督、流大キャプテン体制で、2年連続の2冠を達成したサントリー。彼らが目指す「世界標準」の実現を見てみたい。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 誰よりも勝利に飢えていた男たちが、頂点に君臨した。

 1月13日に行われた日本選手権兼トップリーグ総合順位決定トーナメント決勝で、サントリーサンゴリアスが優勝を飾った。トップリーグの上位4チームが日本選手権を争う新たなレギュレーションのもとで、沢木敬介監督が率いるチームは昨シーズンに続いて2冠を達成したのである。

「今シーズンのスローガンは“ステイ・ハングリー”で、成長が止まれば衰退が始まる。一日一日少しでもいいので成長しながら去年のチームを越えていく。そうすれば必ず優勝できるという意識のもとで、ハードワークできたシーズンだったと思います」

 パナソニックワイルドナイツを決勝で退けた直後、就任2年目の指揮官はこう話した。

 トップリーグの成績は12勝1敗で、13戦無敗のパナソニックにあと一歩及ばなかった。それでも、トーナメントという一発勝負の「点」を制したわけではない。昨年8月に開幕したリーグ戦からつながる「線」で、レベルアップを果たしてきた結末である。

「完全な負け試合」と反省した9月のヤマハ戦。

 ふたつの試合が印象深い。

 ひとつは昨年9月のトップリーグ第3節である。昨シーズン2位のヤマハ発動機ジュビロとの一戦は、残り10分を切ったところで逆転を許す展開となる。最終的にはスコアを引っ繰り返して27-24で競り勝ったが、試合後の沢木監督は「完全な負け試合でした」と切り出した。

「最後まであきらめずにトライを取りにいったハングリーな部分は良かったですが、自分たちに足りないところを再確認できた試合になりました。スクラムをうまく組めていなかった。自分たちで勘違いしている部分があったのでは。もう一回やり直しですね。作ったチャンスをしっかり仕留められるか、といったところをしっかり意識してトレーニングをしていきたい」

【次ページ】 パナソニックに屈した10月の挫折。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サントリーサンゴリアス
流大
沢木敬介

ページトップ