Number ExBACK NUMBER

池田純がサンウルブズの可能性を熱弁。
もしラグビーボールが猫だったら!?

posted2018/01/17 12:20

 
池田純がサンウルブズの可能性を熱弁。もしラグビーボールが猫だったら!?<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu

秩父宮競技場の「青山ラグビーパーク」構想を語る池田純氏。2020年の東京五輪の前に、2019年のラグビーW杯がある!

text by

二瓶仁志(Number編集部)

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

PROFILE

photograph by

Ichisei Hiramatsu

「今日は私が、サンウルブズで何を実践していくのかを説明させていただきます。特別ゲストでジャパンエスアールCEOの渡瀬裕司さんにも来ていただきました」

「Number Sports Business College」第18回は、主催者である池田純氏自らが講師として登場。ジャパンエスアールのCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)に招聘され、打ち上げた「青山ラグビーパーク化構想」とサンウルブズの運営について、渡瀬氏と共に語った。

池田「基本は、横浜DeNAベイスターズ時代にやったことと同じです。当時も横浜スタジアムを買収した際、まずCGでビジョンを示しました。それと同じく、私が理想だと思うかたちをCGのイラストで提示したのです。あくまでも理想であって、すぐに実現しようというものではない。ですが、大きな目標があることで、少しずつ変わっていくのです。

 秩父宮競技場を大きなパブにしたい、という思いがあります。現在ある大きな門を開放し、入り口付近に各国のお酒を飲めるスペースを作る。ビジョンやスピーカーを強化してエンターテインメントを充実させる。子供が遊べるスペースを隣接させる。スタジアムを真っ赤に染める。

 これら全てをすぐに実現できるとは思っておりませんが、お金の工面から始まり、少しずつ前進しています」

池田「ラグビーにはマーケットが存在している」

松井一晃(Number編集長)「今回は私が司会を務めさせていただきます。渡瀬さんに聞きたいのですが、サンウルブズとしてはどうして池田さんにCBO就任を要請したのですか」

渡瀬「池田さんが日本ラグビー協会の特任理事になられて、忌憚のない意見を発しているのを聞いていました。サンウルブズとしては2019年W杯までに何らかの成果を上げないといけない。ですが、現状ではそのスピード感を出せないと感じていたのです。そこでスポーツビジネスの経験を持ち、決断力もある池田さんしかいないと思い、依頼しました」

池田「頼まれると断れない性格なんです(笑)。そして、ラグビーにはマーケットが存在していると感じていました。かつてドラマ『スクール・ウォーズ』が流行したり、早明戦で国立競技場が満員だったりして、ラグビーとの深い接点を持っていた世代があります。まずはその方々に、サンウルブズの価値を広めたい。

 NPBの1チームが、MLBのリーグに加わっているようなものなのに、認知されていません。しかも秩父宮は青山にあるんですよ」

【次ページ】 日本で6試合しかない、というのはちょうどいい。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
池田純
渡瀬裕司
サンウルブズ

ページトップ